今日では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男女一緒に働く職業となってきました。

まあまあのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、上手く睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。沿ういう看護師の仕事を続けていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、自分自身の身体や健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。ほとんどの看護師にとって、仕事が楽な病棟としては、採血室が例として挙げられます。透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う科といえます。身近な存在である献血センターもこの例に該当します。基本、同じ作業の反復で採血の技術も上がりますし、命にか替るようなことはほとんどないのです。どの科でも採血を必要とする場面が多いので、この先、どの科に配属されても有益です。私の友達にも、看護師をしている人がいて、まあまあ給料が高いと羨ましがられています。ただ、看護師の仕事というのは、夜間勤務もあって、毎日の生活リズムがバラバラなことがほとんどで、職場の環境も、女性が占めているという特殊なところであるため、ストレスを抱えている方も多いようです。こういったことを考慮したら給料が高いのは、当然のことかも知れません。看護士の求人情報は何件もありますが、望んでいる条件の求人があるりゆうではありません。看護師資格の保有者で就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)できればいいと思う方は少ないでしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところではたらきたいと思う人が多いはずです。希望に合う勤め先に転職するためには、情報の収集が重要になります。看護師といったら、昔はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。しかし今日では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男女一緒に働く職業となってきました。看護師にふさわしい性格(人や動物の性質を表わす言葉です)や能力をみても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかも知れません。本来女性が持っているような優しさだけでなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、これからの看護師にとって大事な要素だと言えますね。一般的に、看護師として勤務する人は大半が女性なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多くその結果、離職率が高い割合を示しています。さらに、勤務時間が一定でないこと、キツい仕事だということも原因となり、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。自分一人のお給料だけでおこちゃまを育てていけるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、ある病気の治療のためにしばらく看護師を辞めていました。でも、体調が良くなったら、復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。多少、仕事をしていない期間があっても、資格を取得しておけばそこまで苦労なく復帰できますね。私も時間のあるうちに就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。当然、休みはちゃんと貰えますけれど、不規則さを辛く感じるむきは多いようで、結婚したりおこちゃまができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。特におこちゃまができるとどんな時間であっても安全におこちゃまを預けることができる施設なり、実家なりがないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて再び看護師としてはたらきだすようになる人もいて、そんな例が少しずつ増えはじめています。知らない人がきくと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じる沿うした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?実は、ご飯休憩をとりますよ、と働いている他の人にわかって貰う目的で使用している現場は多いようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、その影響です。何であれ今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。現在わが国では、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの来日した人々を外国人看護師候補生としてうけ入れるということを行っているのです。ですが、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、もしも、3年以内に看護師になれなければ自国に帰らなければならないのです。病院などで就労や研修を行ないながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、まあまあ過酷な条件であると言えるでしょう。