入院中の患者がちょっとでも豊かな入院生活が送れるように考えていくことも看護師の仕事のうちです。

日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師として働きたいと憧れるようになったきっかけは、病院で、いろいろな病気や怪我、体調不良などを抱える患者さんの補佐をする事に、看護師としてのやりがいを感じ立ためです。私自身もその昔、入院した時、お医者さんや看護師さんに申し理由ないほどお世話になり、私も一人の看護師として、患者の介助をしようと思うのです。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、仕事上での必要性や重要度は大変高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働しているため、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。他の交代制のお仕事と同様、睡眠時間をうまく調整できない場合はうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。病院に初めて看護師が就職を果たした時、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの希望を呑んでくれるような病院もありますし、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定されることもあり得ます。配属先の決定は、病院側により、人材を希望する各部署からの希望と、新人の適性から判断され、検討された結果であることがほとんどでしょう。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。どうしてナースはたくさん動くのでしょうか。仕事場がオフィスの人と比べると動き回っている時間が多いといえます。車椅子などで患者の移動をサポートしたり、ナースコールが鳴れば、すぐ病室に駆けつけたりするためだと思います。看護師は、寝返りを打つのも難しいような患者の体の向き、位置を変えることや、ご飯できない患者の介助、下のお世話といった体力仕事も多々あります。その間にも、他の患者さんからナースコールがあれば、即対応しなければなりません。おまけに、入院中の患者がちょっとでも豊かな入院生活が送れるように考えていくことも看護師の仕事のうちです。看護士と看護師の両方とも、基本的には同様の仕事を指します。どこが違うかというと、今までは、男性を看護士、看護婦は女性をさすように性別で区分して呼んでいました。今は、男女の区分なしに看護師に統合されています。基本的に、看護師は患者の方の命に影響を与える仕事ですから、まあまあ精神的に疲労します。ですが、それでも、お世辞にも、高給とはいえない給料で一生懸命に仕事をこなしています。そみたいな看護師の仕事に対するモチベーション(気分が高揚していることを指すわけではありません)をアップするためには、是非とも給料を増やしてほしいと感じます。転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、結果として、求人が大変多いわけです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてあつかわれ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。そして、今より良い環境をもとめて転職したいのでしたら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)などがわかると良いでしょう。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、育児との両立を目さす看護師にとってとても難しい問題となっています。ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学徒以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。ですので、パートで働く形に変えていくという看護師も相当数いると思われます。